Candle Q&A

キャンドルを上手に灯すコツや豆知識などをご紹介☆

 

ブログ☆キャンドル☆ワンポイントメモもチェック!→

 

Q.火をつけるのがもったいないんですけど。。

A.飾っておいても素敵ですが、キャンドルは灯した時が一番綺麗です。 

   灯りを持ったキャンドルは、飾っている時よりはるかに表情豊かです。

   また、皆さんが思っているよりも意外と燃焼時間は長いので是非、灯してみてください。

 

 

Q.消すときの煙と焦げたような匂いが嫌。。

A.これは一時的に火種が酸欠状態になることが原因です。 

   割り箸などで芯を倒し、液体化したロウの中に漬けたり、火消し等で芯をつまむ等、

  炎が空気から一気に遮断されると、煙や匂いはごくわずかですみます。

   また、火を消した後は芯を立ててあげましょう。 

   芯がロウに埋まったまま固まってしまうと、次回に灯せませんのでご注意ください。

 

 

Q.火消しってどこに売ってますか?

A.高価なものなどもありますが、お手軽に購入するには100円ショップでも購入できます。

  線香や仏具のコーナー等で取り扱っています。

 

 

Q.灯している時にススがでるのが嫌なんですが。。

A.ワックス(キャンドルの材料)の種類にもよりますが、炎が大きいとススもたくさん出ます。 

   炎が大きすぎる場合は、消火した状態で芯をカットしてから点火し、炎の大きさを調節

  してください。おおよその芯の長さの目安は0.5~1cm位です。

  (※キャンドルの大きさ、芯の太さ、ワックスの種類によって異なります。)

   また、アロマキャンドルのように油分の多いものはススも多く出ますので、壁際や天井等、

  低い所や狭い所などを避けた場所でご使用ください。

 

 

Q.炎の位置が下の方に下がってくると、炎が小さくなってしまうのですが・・

A.長く灯しているとランタン状(筒状)になり、炎の周りの空間が狭くなってくることにより、

  空気の量が少なくなり、軽い酸欠状態になることが原因で炎が小さくなります。

  そんな時は、液体になって溜まっているロウ液を捨てると、炎が大きくなります。

 ※ロウ液をすてる時は必ず消火してから捨ててください。

   また、捨てる場所は、紙袋や牛乳パック等、厚手で防水加工のしてあるものに入れると

   固まった後は、そのまま普通ゴミとして捨てられ便利です。

   心配な場合は、更に底に新聞紙等を敷くと安心です。

 

 

Q.灯しているとキャンドルが変形してくるのが嫌なんですけど。。

A.こまめにロウ液を捨てると、余分なロウとその余熱でロウが溶けるのを防ぎ、

  綺麗なランタン状(筒状)になりやすいです。

  変形するのもまた風合いですので、お好みによって調整してください。

 


Q.パラフィンワックスとかソイワックスとか、、何が違うの?

A.ワックスの原料の種類です。素材(原料)や精製方法によって、特性や融点等が違います。

   アロマキャンドル等は、低温でゆっくりと溶けるソイワックス(大豆)の方が適していますが、

   色や模様などを鮮明にしたい場合などはパラフィンの方が発色が良く適しています。

   yos handmadeでは用途・目的などにより使用するワックス(蝋)を使い分けております。